2005年12月06日

対談の取材を経験する。

1週間くらい前にとあるR&B系メジャーアーティストと大物音楽プロデューサの対談取材に行きました。
今の仕事の絡みなのですが・・・。
まさか私にライターの矢を立てて頂けるとは・・・思っていましたけど、
本当にそうなると、ちょっとたじろいじゃったりして。
しかしながら本当に良い経験をさせて頂いております。

取材って初めてじゃないですけど、有名な方を取材するのは初めてだったなぁ。
昔取材したのは普通の一般人でしたから。街で話聞くって言う授業。
年間で40人くらいのインタビューをしたんですけどね。
その経験がまさかこんなところで活かされるとは。

基本的には大物Pの進行で対談は進んだので、ワタシは隣で聞いている役まわりでした。
事前に記事内容を考えて、逆算して質問項目を考えていったんですけどね、
最後の方で直接聞いてみたいことはありますか?ってふられてどぎまぎ。

まいった。ほとんど大物Pが聞いてくれちゃったから
質問が2つくらいしか浮かばねぇ。
引き出しって多いほうがいいのね〜(−−;

んで、早速帰ってから記事起し。
賞味50分くらいのインタビューだったんで2時間くらいで終わるだろうって思っていたら
とんでもない。トータルで5時間くらいかかったんじゃないかな。

キーボードを早く打てるようになった気がします。(^^
そこで気づいたことは人間、実際に耳で聞いている内容って本当に一部だなってこと。
ICレコーダ聞きながら、こんなこともあんなことも言っていたのかって後になって気づくんですね。しかも記事的においしい所って話の節々にあったりするので意外と聞き逃していることも多い!初めて気づいた。今度から注意して聞かなきゃ。

耳が取材に慣れれば、どこに記事的なコメントがあって、どこは流して聞いてって
出来るようになるんだろうなって思いました。
私の耳は音楽仕様になっているので、人間の声の周波数は時に聞き取りづらいんですよね。
これマジな話。長年音楽やってると耳がひろう音の周波数が若干変みたい。
あれ?これ俺だけかな・・・?
音楽やってる人たちどうですかー?
って最初と全く内容変わっちゃったけど、まいっか(笑

posted by 藤木 晋之助 at 22:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 物書きになりたい。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テープ起こしをなめんなよ〜!!
何だ言ってくれればバイトしたのにw
テープ起こし得意よ〜。
Posted by みう@私広告編集長 at 2005年12月07日 00:53
そんなん編集長にはやらせられんよ…(^_^;)
今記事に直してるんだけど対談記事ってムヅカシィ!(>_<)☆毎日終電間際だよ…最後はブログいじってたりするけどね(笑)
Posted by しんのすけ at 2005年12月07日 15:46
私は、仕事柄か人の話なら耳に残りますよ〜
逆に音楽はメッキリ・・・
歌詞もなかなか覚えられないし、曲はもっと無理!!
耳や脳の違いですかね?
Posted by chii at 2005年12月10日 21:07
>Chiiさん
コメントありがとう☆
習慣の違いだと思うよ〜(^^)/
注意して聞く習慣が付いている音域とそうでない音域。
舌にたとえると、家庭の味に慣れちゃってそれが一番うまいと感じる・・・みたいな?

脳も習慣によって嗜好も思考も変わるだろうからね〜(^^
人間って一様ではないよね♪
Posted by しんのすけ at 2005年12月11日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。