2005年10月28日

最近仕事がめっきり忙しい。アタマの中では銀世界に逃亡願望。

はい。

先日のクイズの答えです。
答えは・・・・ジャンジャジャーン♪

DCF_0037.jpg

板でした。
まな板ではありません。
鰹節でもありません。

スノーボードの板でございます!
ワタシはかつて大学2年のころスノボを始めてからこのかた、
身長177cmなのにも関わらず168cmの板を使用し続け、
かなりの無茶をしてきました。(通常身長マイナス15cm〜20cmが理想の長さ。)

しかも前回購入の板は中古で8000円。
8000円の板を5年は使用したのでもういいだろうと思い、
軽くてやわらかくて、短い板を買ったのです!
これでぐるんぐるん回れそうです!

メーカーは安くて使いやすいK2
物はFUSEという型。中級向きの板で、オールラウンドに使用できるとか。

ちょっと物足りない性能だけど、ガチで滑るわけではないので
価格に負けた・・・

今年は楽に滑れるぞぉ〜(^^)/
今からゲレンデに行くのが楽しみで仕方ない☆
posted by 藤木 晋之助 at 01:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!!!

先日、ダイレクトメールが来ていたバーゲンで買いましたものが
今日届きましたよ。

こう、モノを買うとすぐ使いたくなるのはなんでしょうねぇ。
さて、ここで問題です。

これはなんでしょう?
正解者にはワタシの作成した超中途半端なレイザーラモンHG(早撃ちガンマン)の
携帯用壁紙(QVGAサイズ)を差し上げましょう。

届き物.JPG

posted by 藤木 晋之助 at 02:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

私広告に出稿。vol2

え〜、ワタクシ〜
私広告というミニコミ誌に記事を寄稿したりしているわけで
物書きの真似事をしているワタクシ。

記事と言っても今の所記事広告の出稿を自腹で行っているわけで。
つまり、お金出してワタクシの広告をしているわけですな!(笑)
コーナー名は「シンノスケリミックス」。
エッジなネット系エンタテインメントNewsをお届け!という主旨なのです。

今回は私広告10号にワタシの記事が出ます。
内容は今年見た映画No.1!「bird call
監督は井上春生監督。出演は鈴木えみさん、奥田恵里華さん、田中圭くん。
EZチャンネルとYahoo!動画で配信される作品なのですが、
これをご紹介。

さらに、この「私広告」のやっているネットラジオ「おかわり」に出演が決定。
ワタシの他にもライターの方がゲストで出演されているようなのですが・・・。
今日収録してきました!いやー全く緊張しなかった(−−;)
しかもいつもより多くべらべらしゃべってしまった。(−−;)
支離滅裂な内容だったようなキがする。(舞い上がってたのか・・・?)

なんとか収録を終えたが・・・。はたして。
心配なので編集に立ち合わせてもらおう。(−−;)
はぁ。良い経験をさせていただきました。
次にまた出演の依頼が来ています。
2月に・・・企画はお楽しみに!☆

「おかわり」は11月上旬にワタシの出演回が放送。
是非、聞かないで下さい。
物書きしている方がキがラクです。
posted by 藤木 晋之助 at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 物書きになりたい。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

ネットラジオにでるらしい。俺。

このたび〜
IDNETというサイトでやっている〜
ネットラジオに〜
でることになりました〜

IDNETとコラボっているフリーマガジン「私広告」さんにたまに寄稿するんですがね、
その兼ね合いで、出していただけることになりました。
貴重な機会をいただきまして、まこと感謝感謝ですわ。

本日はその事前打ち合わせを「私広告」編集長さんとしてきたわけで、
まぁ、半分くらいは飲んでエロ話ですけどね。
11月にオンエアされますので、その話はまた今度しますね。
PODキャスティングなどで注目され始めたネラジ。
はたしてどのようにワタシが、何を話すのか。

ちなみに今日はその前に某雑誌社で、ある著名人の取材同行。
メディアの裏側を見る機会を得、業務に一層励みが出るわけで。
本当に今の仕事では学ぶことが多く、ご指導ご鞭撻いただけている
諸先輩方に感謝するしだいです。
と、“入り”はゆるかったが“出”は締めました。
しんのすけでした。
またお目にかかります。
posted by 藤木 晋之助 at 02:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

川越祭りでした。

kawagoematuri.jpg
10月15日、16日は関東三大祭りに数えられる「川越祭り
何を隠そう私は生まれも育ちも小江戸・川越。
この祭りを過ごさないとなんかこう・・・・一年が締めくくられないというか、
なんというか、生理的に気持ち悪いわけです。

祭りになると川越の街中はお祭り色でにぎわいます。
いたるところからお囃子が聞こえます。
ワタシの家は祭りの会場からすごく離れていますが、
祭りの期間、朝はお囃子で目が覚めますから。

そうすろとこう、普段低血圧なワタシも血が騒ぐというかなんというか。
朝からうきうきしてしまいます。今日も例に漏れずそうだったわけで。

そこで、今年も参加したかったのですが・・・・仕事で・・・。
祭りを見に行くことができませんでした・・・はぁ。。。何てこったい。
よりによって2日間も。はぁ。。。きちぃ。

今、オヤジが撮ってきてくれたビデオを見ています。
今年もたくさんの山車が出ていてとっても楽しそう・・・(/_;)
夜店もたくさん出ているし。うぁ〜・・・うらやましぃ。

人ごみとお囃子の喧騒・・・本当に血がさわぐというか。
こんな時にワタシはアイデンティティを確認しちゃったりするんですよね。
あぁ、川越人なんだなぁと。生まれ育った町への郷愁ってやつすね。

しかしまぁ、これがないと秋が

キタ------------(゜∀゜)--------------------!!

にならんのですわ。マジデ。
ビデオって文明の利器ですけど、その映像を現実に体感していないモノにとって
薄し出す世界はあくまで仮想現実なんですよね。悲しいかな。
そんなことを思いつつ、テレビの前でワキワキしてます。
当分、このビデオ見てモンモンしそうですわ。

そういえば、オフクロが土産に買って来てくれた
シシカバブーとお好み焼き、サイコーでした。
祭りといえば「怪しい外国人」のシシカバブーと
キャベツがべチャっとしているお好み焼き(マヨ付き)が定番。
あとはデザートに「ベビーカステラ」で締めなんですけどね。

このコース、祭りの達人としてオススメしますよ☆

051016_234553.3gp
オヤジが撮って来たビデオの一部を携帯で動画撮影。
MPEG4(3GPファイルです)の環境でご覧下さい。
posted by 藤木 晋之助 at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

寝られなかった男。

というわけで、もろもろをどうこうしていたら
いつの間にか、夜中の3時・・・。

もう毎日忙しくて面白くて、勉強になってばかり。
しかし、今週末は休みが取れない関係で、体力温存を
決め込もうと考えていましたが、案の定、この有様。

まいったなぁ。来週1週間持つか心配。

そういえば、昨日行って逝ったbarのマスター(女性35歳)に
「23歳くらいでしょ?」といわれ、今日会った某編集さん(女性27歳)に
「まだまだ若い」といわれた。キラキラしてるって。

(´▽`) 若いといわれ、喜ぶなかれ。それはすでに若くなし! (゜д゜#)ガビーン

といった心境でしょうか。
師匠に本を借りました。まさかこんなに分厚いとは・・・。
なめてました。「信長の棺」まだ読んでいません。
好きな題材の本は開く前にものすごくドキドキしてしまい、
その表紙をめくるのがもったいないような気分さえします。

これは「恋愛は片思いのときが一番燃え上がる」高校生の心理に似ています。
読む前にドキドキしてしまう・・・。期待と不安が織り交ざった感情。
これだから本はやめられません。
posted by 藤木 晋之助 at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

ペッパーにやられた・・・

うぃーす。

今日はアブソリュートペッパーというお酒に初挑戦。

まいった。
2杯目で酔った。
飲む前に言ってほしいね。
これヤヴァイよって。
大体なんでのどがひりつくくらいペッパーなのよ。

大体くせがあるわ辛いわでようわからんなってしもうたぁ。。。

自暴自棄になっている方にオススメのお酒です。
なんかもう、世の中どうでもいいやって。

ちなみにレモン入れたら更にヤヴァクくなった。
もうアノ酒は飲めん!
posted by 藤木 晋之助 at 02:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

青春バトン

マイミクのアヤさんにいらんつっこみ入れたら渡されましたよ(−−;)
ということで、ワタシがこのバトンをつなげましょう。

◆小・中・高の中で1番、思い出深い時期は?
高校2年生。人生に絶望して保健室の常連になって、教育実習の先生を口説いていた。
しかし、その先生には子供扱いされ、自分の無力さを知る。
かわいかったなぁ・・・マホちゃん。

◆1番お世話になった先生は、いつの時の先生?
保健室のマドンナ先生。といっても50歳くらいの先生。
いつも授業をサボっているにも関わらず、一緒にせんべえ食ってお茶を飲んでいた。
先生は先生で暇つぶしをしていたのでは・・・

◆得意だった科目は?
倫理。自分とは何者で人間とはなんなのか。
非常に哲学的な授業内容で、答えがないものだったため
誰もがその授業を選択する理由は「楽だから」だった。
でもワタシはその問いに衝撃を受け、人一倍考えていたであろうため
先生の覚えめでたく、いつも成績が良かった。

◆では、苦手な科目は?
物理。生涯で0点を取った唯一の科目。
赤点をとって追試を受けたが、また赤点だった。
進級が危ぶまれ学年会議で結構もめたらしい。
しかし、どうやらワタシの味方になってくれた先生がいたらしく
見事お情け進級。進級したもの勝ち。

◆思い出に残った学校行事を3つあげてください。
・高校の文化祭
クラスの出し物でお化け屋敷をやった時、いすを上るコースにのぞきポイントを設置。
しかし、暗くて結局なにも見えなかった(T T)
・高校の修学旅行to蔵王
スキーに行くのがワタシの母校の修学旅行だったが、初めて樹氷を見て感動!
当時スキー派だったワタシがパラレルをできるようになったのもこの旅行のおかげ。
・小学校の運動会
ひょろっちいのに背が高かったため、いつも組体操のピラミッドでは一番下。
ワタシよりデブチンがワタシの上に乗っかってさらにその上に5段も。
しかも最後の笛で崩れるって・・・おいおい、一番下はいつも下敷きだよ(−−;)
        
◆学生時代は、クラスではどんなキャラでしたか?
小学校や中学校では学級委員など。
まじめな事やってるくせにトっぽい事が大好きだったため
不良グループに囲まれたことが何度あったか。ぼこぼこにされつつも手を出さないのが
ポリシーだった。ワタシは暴力で解決しようとするあいつらと違うんでね。
高校では無色透明。何もかもがくだらないという態度のため、
やはり不良グループから目の敵に。しかし、当時モテまくっていたのはいまだに不思議。

◆学生時代の友達からの呼び名は?
たっちゃん
(高校時代付き合っていた彼女が命名。達也と南のような間柄だったからに違いない)

◆好きな給食のメニューは?
ソフトメン
あのうどんともパスタともつかない食感は発明者に栄誉を与えたい。

◆学生時代に出会った友人は、あなたにとってどんな存在ですか?
いまだに友人関係でいる仲間は宿命のライバル。
北斗の拳で言うと「強敵(トモ)」みたいなカンジ。
これからも一生付き合っていきたい。いや、むしろ面倒を見てやるってカンジかな。
(^ー^)y−〜

というわけでお楽しみいただけましたでしょうか。
このバトンは・・・・みうみうさん、あなたに引き継いでいただきましょうか。
posted by 藤木 晋之助 at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表参道でおいしいお酒。

毎日飲んでいるように思われてしまうのが怖いのですが、
事実なのでしょうがないと思います。(って飲んでんじゃん!)

今日は表参道で飲みました。
とっても良い雰囲気のお店で名前は「F青山」。
今日はどうしてもbarで飲みたかったので
連れにわがままを言ってbarを探して歩き回ったのです。
適当なところで見つからなくて、結構歩きましたよ(−−;)
ごめんね、連れ。

でも歩き回って探した甲斐がありました。
今日行ったお店、barとしてはものすごく上品で、イメージにぴったり。
ゆっくりお酒を飲む環境としては最適でお酒の種類も多く、
非常に満足のいく時間でした。
結構値段は高かったのですが、スタッフの方もマナーが良く
また、お店も清潔だったので、お金は出し惜しみませんでした。

女性が一人で来ていたりと、かなり安心して飲めるbarです。
また一つ、良いお店を知ることができ、連れにも感謝する次第です。

最近つくづく思うのですが、人間はお金で有意義な時間を買うのですね。
即物的な欲求の多い世の中ですが、モノを買ってもそれを利用する時間に
人間はお金を使うのだと思うのです。
少なくともワタシはそうです。お金の使途があまりないワタシですが、
その「なにものにも変えがたい時間」を今日は過ごせたと思います。

ありがとう。連れ。
posted by 藤木 晋之助 at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

ドコモの本丸に侵入。

今日は仕事で溜池山王のドコモ本店に行ってきました。

もう、ものすごく見晴らしの良いロビーが待合場所になっており、
国会議事堂を見下ろす位置にあるんですね。

やっぱりドコモさんくらいBIGだと国会議事堂も
見下ろせる位置に会社を設けられちゃうんですね。
そして反対側にはヒルズが。
担当さんに良くヒルズで夕飯食ったりするんですか?
って聞いたら笑われました。行く分けないッスって。
そりゃーおいそれといける距離ではないのですよ!
だってビルから見たら近くに見えたんですもの。

その後、帰社して会議会議・・・23時に終わらせて今帰ってきました。
2時間通勤にかかるとちょっと大変です。
もう、ものすごく眠いものですから・・・おやすみなさぁい
posted by 藤木 晋之助 at 01:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

キラキラしていない俺☆

最近友人に言われた言葉。
「そういえば何ヶ月か前からキラキラしなくなったよね〜?」
って、え?ワタシそんなにキラキラしてたんですか?
電飾ですか?小林幸子ですか?ラムちゃんですか?

とツッコんでしまいそうでしたが、どうやらキラキラしていたらしいです。
なにがどう違うのかは説明できないらしいのですが、
キラキラが減ったとの事。

キラキラが減る現象はつまり、ギラギラしてなくなったということであろうと
自己分析しました。
たしかにそれは言えているので、もう少し落ち着いたらギラギラしだそうと
おもいます。今は蹲踞の状態を保つ時。満面の水を湛えし杯のごとし。
今はこぼれてしまいますから。

しかし、ワタシの友人はたまにズバッとしたことを言うものだと感心しました。
この台詞は女性に言われたのですが、女性の視点は往々にして男性の気づかない点に
気づいているものです。友人の何気ない一言に自分を知る。良い友人を持ちました。

告知
ワタシの知人がこの企画をやっています。
ご興味のある方、是非チケット買ってあげてください!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
  新感覚エンターテイメントプロレス
        「RING」
〜長州小力と一緒にパラパラを踊ろう!〜

       10月10日(祝)
     六本木ヴェルファーレ
     http://www.tag-47.com/
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

よろしくです。
今日も飲んだなぁ。
posted by 藤木 晋之助 at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

11時間飲んで8時間寝た。

またやってしまいました。
もう飲みっぱなしの人生です。

ワタシはそんなにお酒につよい人ではないはずなのですが、
バーで飲むようになってから、すごく飲めるようになってしまいました。
皆さん、居酒屋の酒は酒じゃありませんぜ?
本当にうまい酒ってのは、バーにおいてあるモンです。

先週は上板橋、川越のバー合計4軒を連日歩き・・・
総支出は3万に届いたっぽい感じです。(オゴリ含む)
「飲ま猫」状態もいいところです。
なんでこんなに飲むのかって?
付き合いッスよ・・・・・・(^w^)って俺が飲みたがってるんだけどね。

オススメなお酒の飲みカタ。
ウォッカ・・・ロック。ライムを落とすのはアリ。
日本酒・・・・ロック。ライムを落とすのはアリ。
先日、小料理屋のおカミに日本酒ロックで飲むのは邪道といわれたが、
「俺は俺の飲みたいように飲むんじゃ、ゴルァ!」といったカンジでした☆
posted by 藤木 晋之助 at 02:11| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

友人のケーシュウの詩に応えた詩です。

永遠を願わば
時は早まり

空虚に身をゆだねれば
時は止まる。


苦痛の時、長く


幸せの時、短く



願っても届かないのは
そこに意味があるからかもしれない

-------------------------------------
思いのほか最後の一節が気に入ったんで
コピペしてきてしまいましたよ
言葉の並びが気に入りました。

彼のブログです。語感がキレイです。
http://yaplog.jp/bokunobokuno

ワタシの持論ですが、語感がキレイな人は
ココロに透明感があります。
その分多感なのですがね。
posted by 藤木 晋之助 at 02:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。